(治療前)乳がん検診

(治療前)しこり発見からの病院探し

乳がんの早期発見のために、乳がん検診についてまとめてみました。

スポンサーリンク

乳がん検診について

でも、初期であればあるほど自覚症状もなく自分で見つけるのは正直難しい。そして、検査してもアジア人に多いとされる高濃度乳腺(高濃度乳房、デンスプレストとも言われる)により、乳がんを見つけにくい場合もあるそう。

わたしの場合も毎年の健康診断でマンモとエコーは受けていたけど、しこりを見つけたのは、健康診断ではなく、自分でした。

だから、大切なのは、乳がん検診とセルフチェックの二つを組み合わせ。
要は他人任せ(検診だけ)にしないということ。検診を受けているから100%大丈夫じゃないってこと。私のしこりは発見時2cmくらいだったんですが、しこりが1cmになるには、6年とか7年とかかかっているらしいです 😯 乳がんはゆっくり育つから急に体調が悪くなるというのはないみたいだけど、その分早期発見が難しい。

早期に発見できれば、癌でも生存率の高いといわれる「乳がん」。

それではここからまずは、乳がん検診について説明したいと思います。

検診の窓口は大きく分けて3つ

1.市区町村のがん検診
2.会社などの職域検診
3.個人で受ける検診

1.市区町村のがん検診

先ずは、自分の住んでいる市区町村のがん検診を調べよう。
調べるステップは以下です。

ステップ1 市区町村別の検診制度と窓口を調べる

●自分が乳がん検診対象者かどうかを確認します
・各自自体のがん検診窓口/都道府県
最新の実施医療機関の情報は、以下医師会ホームページ(外部サイト)から
https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/contact/list/

・自分の住んでいる市区町村のHPからがん検診、健康診査に関する項目をクリック
例)nikoの住んでいる福岡市のページはこんな感じ。
福岡市のがん検診、健康診断などのご案内(外部ページ)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/shika-eiyo/health/kenko-dukuri/gankenshinnadonogoannai.html?js-hash=3

※市区町村それぞれに検診の対象外が記載されています。よく確認してくださいね。
HPに記載されているのですぐわかります。

ステップ2 乳がん検診を市区町村指定の病院に自分で予約

●検診の予約
・実施の医療機関は市区町村で決まっているので、指定された病院の中から自分で選んで予約します。
予約時に必ず市区町村(福岡だったら福岡市の)検診でと伝えましょう。
あとは、受診のときに住所と年齢が確認できる身分証明(健康保険証や運転免許証等)を提示すればOKです。

nikoの住んでいる福岡市の場合であれば、
検診対象者であれば、1,500円程度と格安で検診(マンモグラフィ)が受けれます。

詳しくは必ずご自分の住んでいる市区町村のHP(市のHPには必ず載ってます)や、
市の福祉課などに確認してくださいね。
市区町村で料金や注意事項等微妙に異なるようなのでくれぐれもご注意です。

2.職域検診(会社の健康診断)

会社の健康診断は、だいたい40歳以上になると、検診項目に乳がんマンモグラフィが選択できるようになってると思います。
40歳以下はおそらくオプションでついていないと思うので、その場合は個人で受けるしかありません。詳しくは会社の人事や加入している健康保険組合のHPで確認が必要です。

厚生労働省が職域におけるがん検診に関するマニュアルで取りまとめています。(外部リンク)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000200734.html

乳がんは40才を境に罹患率が上がります。ここ20年でなんと約2倍に増加してます。わたしもその中の一人。
40才過ぎて健康診断にマンモグラフィーが選択できる場合は受けた方がいいとお思います。
ただし、厚生労働省は2年に一度推奨してます(市区町村の検診も2年に1度ですね)。
会社の健康診断は毎年実施されると思うので、毎年マンモグラフィーを受けるかどうか、頻度はご自分で決めてください。
わたしの場合は、会社の健康診断でマンモグラフィーとエコーが選択できたので(両方検査してもOK)、マンモは2年に一度、エコーは毎年とうやり方で検診してました。

国立がん研究センターがん情報サービス(外部サイト)
https://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/breast_cancer.html

3.個人で受ける検診

個人で受ける場合、誰でもいつでも自分が受けたいときに受けれます。
検診には健康保険は使えないので、全額自己負担です。
病院も自分で選びますが、乳がん検診はマンモグラフィーとエコーが中心なので、
この設備が整っている病院が必須条件です。

こちらのサイトからだと比較的探しやすいと思います。
検査設備の整った施設リスト(外部サイト)
https://breastcare.jp/search_shisetsu/list.php


これはあくまで検診です。
気になる症状がすでにある場合は、検診ではなくすぐに病院にいこう!

コメント