(初診)しこりの検査結果と告知内容

(初診)初めての診察と検査からの告知

検査結果の内容と、今後の治療はこうなる

検査結果を聞く日が来ました。

検査してここまで、永遠のように思えた長く辛い日々。
もうこれ以上無理、早く現実を突きつけてくれーと思う反面、
聞かなければがんと確定することもない。逃げたいという思い。
そんな葛藤を毎日やりながら、病院に行きました。

検査結果=右乳癌(浸潤性乳管癌)

もっと泣きわめくかと思ったら、驚くほど心が「無」でした。
でも、感情はないのに涙が流れる。先生からティッシュを渡されて自分の涙に気づいた。

先生、看護師さん、みなさん何度となくこの場面は経験されてるんだろうけど、
支えるから大丈夫だよという気持ちの温かさが伝わってきました。
逆に言うと、今思えばそれくらいやばかったんだろうなと思いました。

その場の記憶があまりないのですが、検査結果はこんな感じでした。

1.ステージ:ⅡA(画像ではないが組織診でリンパ転移の疑いあり)
2.サブタイプ:ルミナルB(HER2陰性)
3.Ki67:70%
4.遠隔転移:なし

では、それぞれ説明します。

1.ステージ
乳がんのステージは0期、1期、2A期、2B期、3A期、3B期、3C期、4期の8期に分けられています。
この分類は国際的にも用いられるTMN分類を基準としたものです。

私の場合は、ステージⅡAでした。
これは、以下を意味します。
しこりの大きさが2cm以下で同側腋窩リンパ節レベルⅠ、Ⅱ転移あり。

ステージ別の詳細はこちら(外部リンク)
https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/diagnosis.html

2.サブタイプ
乳がんでは、薬物療法をより効果的に行うために、
がん増殖にかかわるホルモン受容体、HER2、Ki67などのバイオマーカーの組み合わせで乳がんを分類して治療(薬物療法)が使い分けられています。
これを「サブタイプ分類」と呼びます。
ルミナルA型、ルミナルB型(HER2陰性)、ルミナルB型(HER2陽性)HER2型、トリプルネガティブ

サブタイプ別の詳細はこちら(外部リンク)
https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/diagnosis.html

私の場合は、ルミナルB(HER2陰性)でした。
これは、以下を意味します。
ホルモン受容体ER(エストロゲン)陽性、PgR(プロゲステロン)陽性、HER2陰性、Ki67値高

ここまできたら、標準治療(今ある治療の最前の方法)に当てはめます。

先生の治療方針は以下です。
私の場合、増殖力の強いがんであること(Ki67高値)。
リンパ節に転移している可能性が高いということ。
なので抗がん剤をつかった治療をした方が良さそうだと言うことでした。
私の場合、手術、抗がん剤(手術前でも手術後でも可)、ホルモン療法のコースで、術前抗がん剤治療でがんが小さくなれば、
胸の整容性を保ったまま温存手術も可能とのことでした。

後に、手術前に抗がん剤を行う術前抗がん剤を選択することになるのですが、
先生からじっくり考えてよいとのことでこの場では結論は出しませんでした。

タイプ別の治療の分岐(外部リンク)
https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/treatment_option.html

この後、いろんな治療方法を自分でも調べました。
保険適応外の陽子線治療とか、凍結法とか、
でも最終的には標準治療でいくことにしました。
ステージがもっと上で状況が違ったら治験とかもっと選択できる可能性を探していたかもしれません。
でも標準治療ができるうちは、正攻法で行こうと決めました。

もし、セカンドオピニオン(他の先生の意見も聞いてみる)を検討しているのであれば、このタイミングで聞くといいと思います。
検査結果がでていて、治療方針が告げられた後に。

わたしもセカンドオピニオンもいろいろ調べましたが、
結局利用しませんでした。
自分でも勉強して調べて標準治療に則っていることを理解していたからです。

自分が何を大切にして(価値観)、どんな生活をしたくて(仕事に支障がないのを第一にするとか)、どんな治療をしたいのか、
明確にすることで治療もよりしっくり納得できるものになると思います。
ぜひ、わからないことはしっかり勉強もして、しっかり先生にも聞いてください。

患者さんのための乳がん診療ガイドライン2016年版(書籍)
https://www.amazon.co.jp/%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E4%B9%B3%E3%81%8C%E3%82%93%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-2016%E5%B9%B4%E7%89%88-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B9%B3%E7%99%8C%E5%AD%A6%E4%BC%9A/dp/4307203542/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1547620522&sr=1-2&refinements=p_27%3A%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B9%B3%E7%99%8C%E5%AD%A6%E4%BC%9A

乳癌診療ガイドライン1治療編2018年版(書籍)
※患者用はまだ発行されていないので、ちょっと内容は難しいですが今年出た最新版です。
https://www.amazon.co.jp/%E4%B9%B3%E7%99%8C%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-1%E6%B2%BB%E7%99%82%E7%B7%A8-2018%E5%B9%B4%E7%89%88-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B9%B3%E7%99%8C%E5%AD%A6%E4%BC%9A/dp/4307203879/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1547620522&sr=1-1&refinements=p_27%3A%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B9%B3%E7%99%8C%E5%AD%A6%E4%BC%9A

コメント