(初診)しこりの検査結果=告知を聞く前の準備

(初診)初めての診察と検査からの告知

初診の①〜⑥までの検査がようやく終わりました。
⑦のCT等の精密検査はこの①〜⑥で乳がんであることがわかってから行います。
なので、①〜⑥はだいたい1週間〜10日、
⑦の結果までに2週間くらい(検査予約が取れにくいとその分日にちがあきます)
なので、だいたい1ヶ月くらいは検査に要することになります。
目安として覚えておいてくださいね。

そして、この検査結果を待つ1週間〜2週間が、わたしは精神的に一番つらかったです。他の方も同じようにこの待ちの期間が一番辛いと言ってる方多かったです。

私の場合、抗がん剤も行いましたが、それよりも辛かったです。
とにかく眠れないし毎日泣いてるし、
絶望と後悔と不安といろんな感情がまじって、
自分の人生がどうかわってしまうのか想像もつかないほど、
不安に押しつぶされそうな毎日でした。

後から本で知ったのですが、わたしの精神状態そのままだったので、
みなさんには自分の状態を確認して今ここの段階なんだと安心してほしい。だから精神状態のプロセスを記載します。みんな同じような経験をしてそしてなんとか今があります。
大丈夫、わたしも乗り越えられた。あなたもきっと乗り越えられます。

人の死の受容プロセスを研究した精神科医エリザベス・キューブラー=ロスの5段階のプロセス

1.否認と孤立:乳がんという事実を頭で理解しようとはするが感情的にその事実を否認している段階。
2.怒り:どうして私が?私何か悪いことでもしたの?というような怒りに囚われている段階。
3.取引:精神世界、神様や仏様にすがり、願いを請う段階。
4.抑うつ:検査結果からほぼ乳がんであることは明らかであり、回避できないことを知る段階。
5.受容:乳がんであるということを受け入れる。(前を向く)

死ぬ瞬間ー死とその過程について エリザベス・キューブラー=ロス(書籍)
https://amzn.to/2EVbrmY

幸せながん患者 森山紀之(書籍)
https://amzn.to/2T5t8Fx


以下の本は、乳がんになったらぜひ手元に置いてほしい本です。
自分のことを全部医者任せにしない。
怪しい情報に惑わされないためにも、ぜひ手に取ってほしい。
気が狂いそうに不安になるこの時期、勉強したら気も紛れます。
何より、診察の際、医者の言葉が理解できるようになります。
知識ゼロだと、先生の言ってることが難しくてわからないってよくあるんです。
私らしい治療を選ぶために。

患者さんのための乳がん診療ガイドライン2016年版(書籍)
https://amzn.to/2HDUlgL

乳癌診療ガイドライン1治療編2018年版(書籍)
※患者用はまだ発行されていないので、ちょっと内容は難しいですが今年出た最新版です。
https://amzn.to/2TIryhp

コメント